« 春まで、寝ちゃおかなァ | トップページ | やっと正月が終わった »

2016年1月 2日 (土)

市販の風邪薬を飲んで風邪が治ることはありませんって?

こんなニュースが流れた。では何を信じていいのかねェ?

――厳密にいうと、風邪という病気は存在しません。様々なウイルスや細菌などの感染によって、発熱、せき、消化器の異常などの症状が起こる状態を、風邪症候群と呼んでいます。

私たちが「風邪」と呼んでいる状態は、科学的にはそれぞれ別の原因によって引き起こされる病気なんですね。風邪の症状を引き起こすウイルスは、年によって違いがあります。そのため、今年の風邪はタチが悪いと言われるのだそうです。

そうなると、市販の風邪薬を飲むことに意味があるのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。実は、市販の風邪薬自体、根本的に風邪症候群を治す薬ではありません。

風邪症候群を引き起こすウイルスを殺すための薬は、少なくとも医師の処方箋がなくても購入できるお薬には含まれていません。
市販の風邪薬は、症状として引き起こされる発熱や咳、下痢などの症状を抑えるためのものです。

従って、市販の風邪薬を飲んで風邪が治ることはありません。――

先日、うがいも効果はないという。うがいするより飲んでしまったほうがいいという。
唯一信じていいのが、手洗いしかないがやァ。 

|

« 春まで、寝ちゃおかなァ | トップページ | やっと正月が終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62983145

この記事へのトラックバック一覧です: 市販の風邪薬を飲んで風邪が治ることはありませんって?:

« 春まで、寝ちゃおかなァ | トップページ | やっと正月が終わった »