« 巨億の富を築いた諸戸清七という御仁は、人間の目的は金である | トップページ | 風呂のマナー »

2016年1月10日 (日)

ラッコ

ラッコはなぜ貝を食べるかというニュースで、魚を捕るのが下手だっから貝を食べている。仕方がないのか好きなのかよく分からないが、石で上手に貝を割って食べている。これはもう遺伝子に組み込まれているほど長い時間貝を食べていることになる。このラッコは分類学上どこに属するか書いてああった。

こんな分類が出てきた。

愛嬌ある姿で人気のラッコは、分類上はネコの仲間。ただし系譜は非常にフクザツで、

 ・ネコ目(もく)
 ・イヌ亜目(あもく)
 ・クマ下目
 ・イタチ科
 ・カワウソ亜科

の「ラッコ属」と、クマ? カワウソ? いったいナニモノ? な血筋を持つ動物です。顔立ちやひとなつっこい性格からイヌの仲間に思ったひとも少なくないでしょうが、犬はネコ目イヌ亜目なのでこれも正解。ラッコの手のひらにはネコともイヌと同じ柔らかい肉球があることからも、親戚と呼べる関係なのがわかります。

話は変わるが、私は下手な短歌や俳句をこさえて楽しんでいる。これはまったく師匠がいない身勝手というか、自己流というか、手前勝手な短歌や俳句である。

ウルトラマラソン仲間で短歌の師匠とよばれる「雲峰」さんが、ある時私が自分で勝手に雅号を「走泉」と名乗った。走るが好きで、『泉』という字が好きで……何も泉ちゃんという人が好きというのと違いますよ、それでこの雅号をつけた。ところが仲間のマイタウン氏が、「走れ―せん」と読めると笑った。それを聞きつけた「雲峰」師匠が、私の名を分けてあげるからと雅号を拝領してしまった。しかも上納金なしでだ。

  • 我が歌を
  • 短歌目
  • 狂歌
  • 川柳科
  • 駄洒落属
  • 亜種
  • と笑るる

という歌を詠んでまた笑われた。成長しない歌をこさえて遊んで(楽しんで)いる。そこで一吠え、

  わが雅号 ラッコと変わらず 怪奇なり    泉峰

  泉峰の 名にし負うなり 歌つくり 言った先から 駄洒落珍作 泉峰

 

|

« 巨億の富を築いた諸戸清七という御仁は、人間の目的は金である | トップページ | 風呂のマナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/63037279

この記事へのトラックバック一覧です: ラッコ:

« 巨億の富を築いた諸戸清七という御仁は、人間の目的は金である | トップページ | 風呂のマナー »