« 湯船でおならについて専門家の御意見 | トップページ | 手乗りセキセイインコ発情期へ »

2016年1月26日 (火)

ニコンの不買運動をしよう

このニュースを見て腹が立ってきた。

――番組は昨年12月に放送され、ニコンのプロ写真家向けウェブサイトなどでも紹介された。日本の有名企業が、結果として、ロシアによる北方領土の不法占拠を容認しているような印象を与える形となった。

 問題の番組は、露ケーブル局「私の惑星」が制作した「写真探検『ロシア』。ニコンのレンズを通して」。10人の著名写真家がニコンの機材を携え、「ロシアの最も魅力的な風景」を求めて旅する内容だ。うち1人が国後島でさまざまな条件下の撮影を行い、自然の豊かさやニコン製品について語った。サイトに掲載された国後島の地図は、他のロシアの9訪問地と同列に扱われていた。――

 ニコンによると、この企画には同社現地法人が関与したが、内容は制作関係者と写真家に委ねられていた。同社では「今後はチェック機能を強化したい」とし、近くサイト上の企画も終了すると説明している。――

こんなニュースが流れてから、本社が「…この企画には同社現地法人が関与したが、内容は制作関係者と写真家に委ねられていた…」と、言い訳がましいことをいっている。こんなことは、この撮影でロシアと手を組んだ時点でありうることだと、十分配慮するべきである。

私たちも北方領土や沖縄の問題が起きるたびに、人ごとに近い感覚で見ているときがある。今回は、それを痛切に感じたし、沖縄の辺野古移転問題を打ち上げての選挙で、反対派が負けた。これはあまりにも長い戦いで、若い人たちの、単に「選挙離れ」から起きた結果とは、思いたくない。でも事実は出てしまった。

今回のニコンの問題は、「不買運動」してもかまわないのではないか。俺は買わないというより、買えないからだ。

ウィキペディアより
――9月 2日 連合国への降伏文書に調印。(一般命令第一号発令。本命令により、千島の日本軍は赤軍極東戦線最高司令官に降伏することが義務付けられた)

  • 9月 3日~9月 5日 赤軍が歯舞群島を占領占領は連合軍「一般命令第一号(陸、海軍)」にしたがって行われた。翌年1月、連合軍最高司令官訓令SCAPIN第677号により、日本政府は、竹島・琉球・千島・歯舞群島・色丹島・南樺太などの地域における行政権の行使を、正式に中止させられた。その直後、ソ連は占領地を自国の領土に編入している。サンフランシスコ平和条約に調印していないソ連が占領した島々を、ロシアが現在も実効支配している。――
  • 私には火事場泥棒としか思えないが、ねェ、ロシアさん?

    |

    « 湯船でおならについて専門家の御意見 | トップページ | 手乗りセキセイインコ発情期へ »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/63123612

    この記事へのトラックバック一覧です: ニコンの不買運動をしよう:

    « 湯船でおならについて専門家の御意見 | トップページ | 手乗りセキセイインコ発情期へ »