« 病床から脱出 | トップページ | 壊れた砂時計(末期ガンからの脱出?) »

2016年3月30日 (水)

病室より

私が入院するときは、我が家から700mと近く、私が卒業した幼稚園・小学校・中学校・高校が真上から見える。そんな学生時代を思い出すのも、格好の場所である。

なぜか病室というところは、やけに頭が冴える。何が起ころうが対処してくれる安心感があるのだろうか。今回の病室は最初は個室だったが、3日目に転室して相部屋になった。といってもカーテンで仕切られているし、意外や同室の患者は重病なのか、物静かである。

大量に持ち込んだ本を読みながら、スケッチと思たが、今回は少し症状が重い。先回は脊椎間狭窄症・頸椎ケルニア、十二指腸潰瘍と、確実に治る病状なので、本も読み、スケッチに院外に出た。その分病気という休暇を楽しんだ。

でも今回は先が少し不安な病状なので、本を読んだりスケッチを楽しむところまで気がいかない。その分病室の窓からや、ベッドの上で、瞑想にふける時間が増えた。例えば、

  • 痛み止め(ロキソニン)には水分を十分摂りなさいというようなことを、医師に質問攻めにした。
  • 院内の食事の名前が、「ゆめごはん」というネーミングが嬉しかった。
  • 焼きのりの寸法に国内基準があるのか。
  • 採血の後の血止めのは、スパイラル(ねじまき方式)のほうが、うっ血(血が止まってしまう)ということがない。
  • 院内の公衆電話の切れるのが早いのに驚いた。これでは古里のバーチャンと何も話せない。最近携帯電話ばかりだからなァ。
  • 4日間歩かないと、足がふらつく。退院後11日間たったが、いまだに歩行に障害があるなどという、へんなことを考えている。
  • カラスの朝晩の行動を記録した。

入院すると必ず院内日記を書くようにする。これは医師との通信記録だからだ。

|

« 病床から脱出 | トップページ | 壊れた砂時計(末期ガンからの脱出?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/63408814

この記事へのトラックバック一覧です: 病室より:

« 病床から脱出 | トップページ | 壊れた砂時計(末期ガンからの脱出?) »