« メガネ屋へ | トップページ

2016年5月10日 (火)

退院のうれしさとチョット不安

私は移転性のがんで余命はいくらもないと思う。

病室は2度移転してただいま3度目にしてナースステーションの目の前である。ベルを鳴らせば10秒で駆け付けるという緊急事態即対応の患者になったのである。しかもベッドの下にはいつのまにやら、ナース呼び出し無線装置が布設してあった。深夜トイレの起きると、ベッドでモソモソ動いているうちに、もうナースがカーテン越しに来て、「どうしました」という。何と対応が早いと思ったら、この感知器のせいだった。

先日10日前の入院中、読んでいた本で、北杜夫(マンボウ)と畑正憲(むつごろう)の内容が同じ登場人物であったことに気が付いた。内容はこうである。

…北杜夫の友人がガンで入院した。その友人が同病の患者から「いい薬がある」とすすめられた。この話を畑正憲に話すと、彼が卒業した東大のガン研究所にこの薬の検査を依頼した。この薬の出成分は、鼻くそを丸めたような訳の分からないものだと分かった。そして一言、「ガンは一万分の一で回復する」と分った。その後ガン患者は回復して、その「鼻くそ丸めて…仁丹」ではないが、見事に回復して、そのガン薬を、「元患者」と言いながら売り続けているらしい。… 

私のガンはどうなんだろう?

薬・医師の限界・私自身のガンの進行状態から見て、退院はどれに当たるんだろう。

今、現在の状況は、

  • 頸椎の痛みが時々…ベッドのサイズに問題があるかも。
  • 左腰裏に鈍痛
  • 胃が時々シクシク痛む
  • 食欲がない
  • 食欲がないから便通がない。便秘ではないが、下痢症状で便秘になり、家内に救出願った。
  • 左足のむくみ
  • 両手首から指先までしびれている
  • 体がだるいから、歩きにくい
  • 退院後、家族と友人らの退院祝い(?)で、おちょこに半分ほどいただいた

退院後は、いたって品行方正な日々を送っているが、いかんせん、体がだるくっては動きが悪い。こうなると、気力まで失われるから困ったことだ。

|

« メガネ屋へ | トップページ

コメント

お疲れさま 

大変お世話になりました

投稿: kawase | 2016年6月 1日 (水) 17時13分

急な訃報に驚いています。
いつも顔を合わせた時に、あいさつ程度の会話しか交わして
いませんでしたが、その際にみせる笑顔が忘れられません。
また、「ひとりしゃべり」の読者としても楽しませていただ
いておりました。
もう、お会いすることが出来ず、残念でなりません。
ご冥福をお祈りいたします。  合掌

投稿: ご近所さん | 2016年6月 2日 (木) 20時50分

独りしゃべり殿は他界されたのですか?、ショックです。
半年ほどブログに接しておらず、本日(11/4)何か気になりブログを開き癌にて他界されたと知りました。

老生は独りしゃべり殿に背中を押され脊柱管狭窄症の手術を受け8年経過しています。日々柔軟体操とウォーキングで足腰の衰えのスピードを弱めているつもりですが老いには抗えません。早晩私(76才)もあちらへ逝きますが、その時はゆっくり一献酌み交わしたいと思っています。

ご冥福をお祈り申しあげます。

投稿: 神戸の元シティボーイ | 2016年11月 4日 (金) 19時33分

奥様から喪中はがきを頂き、ご逝去された事を知りました。

ナルちゃん!私はまだ信じられない思いです。

私は走る事を通じ、30余年お付き合いさせて頂きましたが、お互いウルトラマラソンが好きで、さくら道や夜叉ヶ池でよくご一緒でしたね。
イベントもお好きで、一宮シティーマラソン・桃花祭でのユニークな仮装。スーパー銭湯からのはだか祭り(夫がお世話になりました)。どれも取りまとめ盛り上げて下さいました。
メディアに掛け合うのもずば抜けた能力をお持ちで、新聞社や放送局にも「無名会ランニングクラブ」は何度も取り上げて頂いていらっしゃいましたね。
思い出せば、いつもみんなの集まる笑顔の中心にナルちゃんがいましたね。
今も、郊外を走っていると、ふっと緑色のウインドブレーカーを着て自転車に乗ったナルちゃんに、「おーい!」と声をかけられる気がしてなりません。

今まで頑張ってきた分、これからはゆっくりお休みして下さい。

ご冥福をお祈り致します。

投稿: 山田三枝子 | 2016年12月17日 (土) 13時04分

ブログをご覧頂いておりました皆様、コメントを頂きました皆様へ

ブログ主Sousenの長男です。この場でこちらからご連絡するのが遅くなってしまいましたが、父は昨年5月末に亡くなりました。皆様から多くのお悔やみのお言葉、お便りをいただきまして、誠にありがとうございました。

父は多くの趣味に生きた人でした。
40代から始めたマラソンは、遅くても長距離を走ることをモットーにしており、「さくら道マラソン」では完走ならずとも、190キロまで山道を走りました。また、お祭り騒ぎが大好きな人で、マラソンでは「無名会RC」を作り、多くの大会に出場するのをいつも楽しみにしておりました。無名会RCのロゴは思い入れが深かったようで父の自信作でした。イベントを作るのが好きで、真清田神社の初詣ジョギングは四半世紀も代表を務めました。

定年後暫くして行った、頸椎、腰椎の手術のため、走ることが難しくなった後でも、自転車で長距離を走り回ったり、マラソン大会のボランティア活動をしたりして、充実した日々を送っておりました。
父はまた、絵や文章を書くのが好きで、定年後、エッセイ集「独りしゃべり」を自費出版、同名のブログは晩年までマメに続けておりましたが、大変多くの方々に読んでいただき本人も喜んでおりました。

私たち家族にとっては、時に厳しくありましたが、尊敬できるやさしい父でもありました。山登りやハイキングなどいろいろなところに連れて行ってもらい、たくさんのかけがえのない思い出を残してくれました。
74歳、まだ少し早い人生の終末ですが、病の淵あっても「人生悔いはなし!」と落ち込むことなく、目の前の現実を受け止めて向き合っておりました。今は、ゆっくり休んでほしいと思っております。

このブログはこのまま残しておこうと考えております。これまで本ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございました。

投稿: ブログ主の長男 | 2017年1月 4日 (水) 21時01分

検索でヒットした内容が、調べものにぴったりで分かりやすい楽しい文章だなー
と思い、最近の、、、って見てみたら、そういう事かー、、、
長男さんもスマートな文章で、なんだかコメントしたくなりました。
自費出版本、探してみます。

投稿: leon | 2017年1月27日 (金) 18時20分

初めまして。
「道具」という言葉を検索していたらここへ辿り着きました。
私も調べ物をすると眠れなくなってしまうのですが、ここでスッキリしました。
「道」という漢字の意味も知れて、また本を買おうと思いました。
文章も読みやすく、なんだか温かさを感じて好感がもてます。
お亡くなりになったと悲しい現状ですが、こうやって独りしゃべり様の文章が残り、色んな人のモヤモヤやなんだろう。。と思う心を晴らせる素敵な場所だなと思いました。
ありがとうございました。ご冥福お祈りいたします。

投稿: ma.tama | 2017年4月25日 (火) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/63602861

この記事へのトラックバック一覧です: 退院のうれしさとチョット不安:

« メガネ屋へ | トップページ